中古車情報について

修復歴車ってどんなクルマ?

修復歴車とは、交通事故をおこした結果、あるいは災害によって車体の骨格に当たる部位を損傷し、「修正」あるいは部品の「交換」により修復したもの、となっています。
ドアやバンパー等ボルトで取り付けられている部品の交換に関しては修復歴車には該当しません。
車輌の骨格にまで及んだ損傷を修復する場合は、その修復のレベルにより軽・中・大というふうに修復度を選別することもあります。

なお、修復歴車を販売するときには、「修復歴あり」と明示しなければならず、明示しないまま販売した場合は、2001年4月から施行された消費者契約法によって、売買契約をキャンセルできます。
一般ユーザーの方々が修復歴車を見分けるのは不可能なことですので、信用のできる販売会社で相談するのが最も安心だといえます。